産業用太陽光発電システムの耐用年数

産業用太陽光発電システムは、住宅用と同様に、
太陽光パネル、パワーコンディショナー、接続箱、架台、配線用ケーブル類、電力メーターで構成されます。

システム構成機器の耐用年数は、一般的に以下とされています。

  • 太陽光パネル : 20~30年
  • パワーコンディショナー : 10~15年
  • 配線用ケーブル類 : 20~30年
  • 電力メーター : 10年(交換義務)


加えて考慮しなければいけないのは、太陽光パネルの経年劣化です。

太陽光パネルの経年劣化による発電量の低下は、20年間で約10%程度とされています。

年平均0.5%低下する計算となり、割合でみると大きな数字ではありませんが、発電量の多い産業用太陽光発電の場合、売電収入への影響も大きいため、メンテナンスを考慮する必要があります。


産業用太陽光発電のメンテナンス

産業用太陽光発電では、50kW以上は年2回法定点検が必要ですが、10kW~50kWは自主点検となっています。上述のように経年劣化もあるため、定期的にメンテナンスを導入時から想定していることが多いようです。

メンテナンスとしては、

  • パワーコンディショナーや接続箱などの「電気系統のチェック
  • 発電量の確認
  • 鳥の糞・落ち葉・雪・砂などの定期的な「太陽光パネルの洗浄
  • 定期的な敷地の「除草作業

などが挙げられます。

年間売電収入が20万円以上になる産業用太陽光発電の場合、税務申告が必要になりますので、
その際に必要な「運転日報」の作成を②「発電量の確認」と合わせてに行うケースも多いようです。

各地域でメンテナンスや保守作業を行う専門業者も増えていますので、自らの設置環境で必要な保守サービスと、実施頻度、保守専門会社への委託内容などを、導入検討段階で考慮しておきましょう。

20年間稼働している産業用太陽光発電・メガソーラーがほとんどないため、20年間の費用実績はわかりませんが、「電源系統のチェック」「発電量の確認」「太陽光パネルの洗浄」「除草作業」などを定期的に組み合わせて、年間平均で初期導入費用の0.5~1%を目安として事前に想定・実施するケースが多いようです。

メンテナンスの内容も、実績のある販売施工会社から提案を受ける際に、きちんとヒアリングしておきましょう。


【関連記事】産業用太陽光発電の人気メーカーは?
   
【関連記事】産業用太陽光発電の費用対効果は?


産業用太陽光発電の一括見積を依頼できる人気サイト



 タイナビNEXT 産業用太陽光発電
タイナビ産業用発電

タイナビNEXTは、住宅用太陽光発電のNo.1一括見積サイトの姉妹サービスで、46都道府県(山形県を除く)に対応した日本最大級の産業用太陽光発電専門の一括見積サイトです。

設置容量10kW強から大規模メガソーラー産業用太陽光発電の対応が可能な44都道府県の261の販売施工会社が登録しており、最大5社から提案を受けることができます。

販売施工会社も明示しており、対象地域の販売施工会社もチェックできます。

タイナビ 太陽光発電 公式サイト


 グリーンエネルギーナビ 産業用太陽光発電
グリーンエネルギーナビ 産業用太陽光発電

グリーンエネルギーナビ産業用太陽光発電は、住宅用太陽光発電のNo.2一括見積サイトの姉妹サービスです。

同社は価格.comとも提携し、住宅用太陽光発電も合わせて年間見積依頼数3万件販売施工業者数450社と急成長している注目サイトです。

産業用太陽光発電No.1の㈱エコスタイルも同サイトに登録しており、産業用案件の施工実績が豊富で、厳選された複数の会社から提案を受けることができます。

グリーンエネルギーナビ 産業用太陽光発電 公式サイト


 【太陽光発電メーカー】
  東芝  パナソニック  シャープ  ソーラーフロンティア  京セラ  三菱電機  長州産業 
  カナディアンソーラー  Qセルズ  トリナソーラー  サンテックパワー 

 【無料見積もりサイト】
  タイナビ  価格コム 太陽光発電  太陽光発電一括見積り.com  楽天ソーラー