産業用太陽光発電のメリット

住宅用太陽光発電も検討・導入される方が増えていますが、10kW以上設置の産業用太陽光発電はそれ以上の盛り上がりを見せています。

盛り上がりの一番の要因は、投資・事業の収益性が高く、確実性が高いことです。
投資利回りは8-10%と言われ、土地や建物を持つ個人資産家の方や、遊休資産を持つ企業がこぞって導入設置を検討しています。

産業用太陽光発電のメリットとしては、以下3つがあげられます。


1.20年間継続する高い買取価格・全量買取

平成24年7月1日に開始された「固定価格買取制度」により、発電した電気を電力会社に20年間固定価格で全量売電することができます。(平成30年度【2019年1月申請完了期限】の場合、1kW18円

太陽光発電の普及のため、電力の購入よりも高い買取価格かつ20年間固定価格が保証されています。

大手製造業でも従来から大口電気料金が適用されるケースが多かったのですが、20年間固定価格で全量売電が可能な売電事業の高い収益性に着目しています。


2.大幅な税制優遇・節税効果

平成23年6月「グリーン投資減税」が創設されました(平成24年7月に対象設備と税制優遇の内容が変更)。
具体的には、設備取得金額に対して、

  • @ 7%相当額の税額控除 (青色申告している中小企業者のみ)
  • A 30%相当額を限度として償却できる特別償却 (青色申告している個人・法人が対象)
  • B 全額償却できる特別償却 (青色申告している個人・法人が対象)

の利用が可能で、産業用太陽光発電への投資に対する節税メリットがあります。


3.消費税アップ前の導入で、初期導入費用を抑制できる

平成26年4月に8%となりましたが、平成28年4月に10%に消費増税が正式決定されました。
消費税10%への増税前に申請・導入すれば、初期導入費用を抑えることができます。

【関連】産業用太陽光発電の費用対効果は?


産業用太陽光発電の導入タイプ

産業用太陽光発電は、10kW以上・50kW未満の「低圧連系」、50kW以上・1000kW未満の「高圧連携」、1000kW以上の「メガソーラー」に大きく分類することができます。

50kW以上は、電気事業法の規定で「自家用電気工作物」となるため、主任技術者の選定、保安規定の届出のほか、設置容量によって工事計画や使用前安全管理審査の申請・提出が必要となりますが、ここでは手続きが容易で設置事例の多い50kW未満の導入タイプを見ていきます。

10kW以上・50kW未満の導入タイプとしては、
遊休地・野立て」「工場・倉庫・農地などの産業用」 「アパート・マンション」 「カーポート」に分類できます。

導入タイプ 特徴 と おすすめポイント
遊休地・野立て
  • 余った土地が十分な広さがあり、周囲に障害物がなければ多くの売電収入が見込める
  • 設置する太陽光パネルの角度を調整し、最適に設置できる
  • 土地を借りて、売電収益を得る手法にも注目
産業用
(工場・倉庫・
農地)
  • 遊休資産を使った、安定的かつ高い収益性が最大の人気ポイント
  • 工場・倉庫などの施設では、近隣住民への環境配慮アピール効果も
  • CO2削減などの環境配慮の取り組み強化にもつながる
アパート・
マンション
  • 一般住宅の約2倍の平均7〜8kW、10kW以上のシステム導入も可能
  • 2010年4月から適用範囲が広がり、オーナーが住んでいない賃貸物件も補助金受理可能に!
  • 太陽光パネルの断熱効果で、物件の差別化・入居率アップ効果も注目
カーポート
  • 住宅用屋根に加えて、カーポートに2〜4kWの太陽光パネルを設置し、設置容量が増加する点が人気。10kW以上の全量買取が可能に!?
  • 将来的には、充電ブースタを設置して発電電力を電気自動車の充電にも!


【関連記事】産業用太陽光発電の人気メーカーは?

    

住宅用太陽光発電と産業用太陽光発電の違い

産業用太陽光発電と住宅用太陽光発電の違いは、以下の7つです。違いをおさえておきましょう。


1.補助金

10kW未満の住宅用太陽光発電システムは、国・地方自治体の補助金交付対象となりますが、
10kW以上の産業用太陽光発電システムは、補助金対象外です。


2.電力会社への売電

10kw未満の住宅用太陽光発電システムの場合は、発電した電力を自宅で優先して利用し、余った電力を電力会社に対して売電します。売電価格は、設置時の価格で10年間固定です。
 
一方、全量買取制度の産業用太陽光発電システムの場合は、発電した電力を電力会社に設置時の固定価格で20年間全量売電することができます。


3.設置環境

一般的に住宅用太陽光パネルは住宅屋根に設置するため、屋根の形や使用環境は大きな違いはありません。

産業用太陽光パネルの場合は、「ビルの屋上で風が強い」、「海岸沿いで塩害対策が必要」など、設置環境が千差万別です。

一般的に住宅用太陽光発電より過酷な環境での使用となり、より強度耐久性が求められます。


4.架台

住宅用太陽光発電パネルの設置架台は、切妻・寄棟など住宅の屋根の形状に合わせて、いくつかのパターンでメーカー純正品がキット化されているので、割安になっています。

一方、発電量10kW以上の産業用太陽光発電の場合、屋根に取付けることは少なく、架台は特注品となります。そのため産業用太陽光発電の架台は、住宅用太陽光発電の架台よりも割高です。


5.パワーコンディショナー

住宅用太陽光発電のパワーコンディショナは、通常2kW?5kW用です。
例えば、住宅用太陽光発電の容量が8kWの場合、2台のパワーコンディショナを連結させて利用します。

一方、産業用太陽光発電のパワーコンディショナーは10kW用が一般的です。
40kWの容量の場合は4台を連結させ、50kWを超える高圧電力扱いのものは、大容量のパワーコンディショナーが必要になります。

また、パワーコンディショナーは通常屋内に設置しますので、産業用のパワーコンディショナーでは大型化し、設置用の建屋を造るなどの必要も出てきます。


6.施工方法

住宅用太陽光発電の場合、家庭用電力(従量電灯契約)に系統連系させますが、50kW以上の産業用太陽光発電の場合は高圧電力で系統連系しなければならないため、受電設備のキュービクルを設置する必要があります。


7.太陽光パネル

住宅用太陽光発電の場合、原則として住宅の北面以外の屋根に設置するため、限られた面積で費用対効果を高めるため、発電効率のよい単結晶の太陽光パネルが採用されます。

10kW以上の産業用太陽光発電の場合、設置面積が大きく多くのパネルを設置できるため、発電効率以上にシステム導入コストを下げることが重要となります。そのため、産業用太陽光発電の場合は、導入コストを抑えることが可能な多結晶パネルが採用されるケースも多いようです。


【関連】産業用太陽光発電のメンテナンスは?


産業用太陽光発電の一括見積を依頼できる人気サイト



 タイナビNEXT 産業用太陽光発電
タイナビ産業用発電

タイナビNEXTは、住宅用太陽光発電のNo.1一括見積サイトの姉妹サービスで、46都道府県(山形県を除く)に対応した日本最大級の産業用太陽光発電専門の一括見積サイトです。

設置容量10kW強から大規模メガソーラー産業用太陽光発電の対応が可能な44都道府県の261の販売施工会社が登録しており、最大5社から提案を受けることができます。

販売施工会社も明示しており、対象地域の販売施工会社もチェックできます。

タイナビ 太陽光発電 公式サイト


 グリーンエネルギーナビ 産業用太陽光発電
グリーンエネルギーナビ 産業用太陽光発電

グリーンエネルギーナビ産業用太陽光発電は、住宅用太陽光発電のNo.2一括見積サイトの姉妹サービスです。

同社は価格.comとも提携し、住宅用太陽光発電も合わせて年間見積依頼数3万件販売施工業者数450社と急成長している注目サイトです。

産業用太陽光発電No.1の潟Gコスタイルも同サイトに登録しており、産業用案件の施工実績が豊富で、厳選された複数の会社から提案を受けることができます。

グリーンエネルギーナビ 産業用太陽光発電 公式サイト


 【太陽光発電メーカー】
  東芝  パナソニック  シャープ  ソーラーフロンティア  京セラ  三菱電機  長州産業 
  カナディアンソーラー  Qセルズ  トリナソーラー  サンテックパワー 

 【無料一括見積サービス】
  [利用者No.1] タイナビNEXT産業用  [業者数No.1] グリーンエネルギーナビ産業用太陽光発電