1. 太陽光発電 比較トップ
  2. 太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリットとして、以下の7点があげられます。

1.電気代を削減できる

日中は自宅で発電することができるため、電力会社から電気を買う必要がなくなります。
悪天候の時や夜間は、太陽光は使えませんので、電気を買わなければなりませんが、
太陽光エネルギーを1日のうちに上手に活用し、太陽光だけで電気をまかなえる時間が少しでも増えれば
電気代を大幅に削減できます。

    

2.余った電気を電力会社に売れる

家で発電した電気の中で、余った電気を自動的に電力会社に売ることができます。
しかも、売電単価は毎年低下傾向にありますが、依然高い水準で設定されています。
「余剰電力の売電」が、太陽光発電システムの費用対効果を高くしている最大のポイントです。



3.節電意識が高まることによる節電効果

売電する一方で、夜間など電力が足りない時間帯は従来どおり買電しますが、
その状況をモニターで把握することができます。
売電・買電、電気の利用状況を把握することにより、節電する意識が自然と強まり、
実際に節電効果として表れてきます
(一般的に10-15%と言われています)



4.太陽光パネルによる断熱効果

屋根に設置した太陽光パネルの断熱効果で、室内の温度変化が少なくなり、夏は涼しく、冬は暖かくなります。
そのため、特に夏冬に利用の多い冷暖房の費用を節約することができます
また、屋根に太陽光パネルを設置することで屋根に直接雨や風があたるのを防ぐことができるため、
屋根を保護して老朽化防止の効果も期待できます。



5.CO2の排出量を減らし、環境に優しい

石炭や石油のような化石燃料と違い、太陽光エネルギーはクリーンで無尽蔵です。
地球温暖化の原因であるCO2をほとんど排出せず、資源の枯渇の心配もないため、
クリーンで環境に非常に優しい仕組みです。



6.設置場所を選ばないなど効率的

騒音や排出物を出さないので、日射量を確保できさえすればどこにでも設置できます。
システム構成も簡単で、場所の広さに合わせて規模を決めることができます。
また、太陽光パネルの耐用年数は20年以上とされており、故障しにくく長寿命で、
メンテナンスは他の仕組みとに比べて簡単
です。



7.非常時の電源としての利用

停電時に自動運転で発電できます。
長期間停電の際も、自立運転モードにして、非常用コンセントから電力をそのまま使うことできます。
1.5kwの範囲内との制限があり、普段の生活どおりに電力を使うことはできませんが
非常時の電源として電気を使えるのは1つのメリット
です。


【関連記事】太陽光発電のデメリットは?

【関連記事】メーカー比較 年間発電量は?



タイナビ
▲一括見積もりNo.1サイト 【タイナビ】

グリーンエネルギーナビ 太陽光発電
▲施工業者数NO.1サイト 充実の仲介サポート【グリーンエネルギーナビ】

ソーラーパートナーズ 太陽光発電
▲注目度NO.1サイト 厳選施工店を紹介【ソーラーパートナーズ】



 
 【太陽光発電メーカー】
  東芝  パナソニック  シャープ  ソーラーフロンティア  京セラ  三菱電機  長州産業 
  カナディアンソーラー  Qセルズ  トリナソーラー  サンテックパワー 

 【無料見積もりサイト】
  タイナビ   グリーンエネルギーナビ   ソーラーパートナーズ