1. 太陽光発電 比較トップ
  2. 専門用語一覧
  3. 自然災害補償

自然災害補償



太陽光発電システムの自然災害補償とは、落雷や風雪害によって、太陽光パネルなどが故障した場合に、
メーカーがそれを修理したり取り換えたりして正常な状態に戻す費用を補償することです。

通常、太陽光発電システムのメーカーは、太陽光パネルに対して10年間の出力保証を付けていますが、
これは保証期間内に太陽光パネルの出力が一定以下になった場合に無償で修理交換するというものです。
つまり、これは通常の使用に対しての保証なので、落雷や風雪害などの自然災害補償は含まれません。

そこで、落雷や風雪害などの自然災害で発生した故障については、自然災害補償制度を別に設けるのが通常です。
保証内容はメーカーにより異なり、保証期間は基本的に10年間となっています。






タイナビ 産業用太陽光発電
▲【産業用太陽光発電】法人・産業用施設の一括見積もりNo.1サイト

タイナビ
▲一括見積もり人気No.1サイト 【タイナビ】

グリーンエネルギーナビ 太陽光発電
▲施工業者数NO.1サイト 充実の仲介サポート【グリーンエネルギーナビ】

ソーラーパートナーズ 太陽光発電
▲注目度NO.1サイト 厳選施工店を紹介【ソーラーパートナーズ】



 
 【太陽光発電メーカー】
  東芝  パナソニック  シャープ  ソーラーフロンティア  京セラ  三菱電機  長州産業  サンテック  トリナソーラー  カナディアンソーラー

 【無料見積もりサイト】
  タイナビ   グリーンエネルギーナビ   ソーラーパートナーズ