1. 太陽光発電 比較トップ
  2. 専門用語一覧
  3. エネルギー・ペイバックタイム(EPT)

エネルギー・ペイバックタイム(EPT)



太陽光発電システムを製造する時に使ったエネルギーと太陽光発電システムが作ったエネルギーが
同じになるまでの期間をいいます。エネルギー生産設備の性能を表す指標の1つです。

エネルギー回収年数とも呼ばれ、以下の式であらわされます。
  エネルギー・ペイバックタイム(EPT) = 製造で使ったエネルギー ÷ 1年で発電するエネルギー

結晶シリコン太陽光パネルのEPTは1.5年〜2年とされており、20年以上の太陽光発電の寿命を考えると、
エネルギー生産設備としての性能は非常に高いことになります。

また、太陽光発電システムは、発電の際に燃料を使用しないで光を電気エネルギーに変換しており、
CO2や環境に有害な物質を排出しません。 しかし、製造時のCO2排出量があるため、何年以上利用すれば
排出量削減効果が出て元が取れるかが問題となり、CO2ペイバックタイム(CO2PT)と呼びます。
現在、CO2PTは1〜3年とされていますが、今後生産量の増大によって、CO2PTも将来1年以下になることが
期待されています。





タイナビ 産業用太陽光発電
▲【産業用太陽光発電】 法人・産業用施設の一括見積もりNo.1サイト

タイナビ
▲一括見積もりNo.1サイト 【タイナビ】

価格.com 太陽光発電
▲比較No.1サイト 太陽光発電関連の情報も充実 【価格.com】



 
 【太陽光発電メーカー】
  東芝  パナソニック  シャープ  ソーラーフロンティア  京セラ  三菱電機  長州産業 
  カナディアンソーラー  Qセルズ  トリナソーラー  サンテックパワー 

 【無料見積もりサイト】
  タイナビ   グリーンエネルギーナビ   ソーラーパートナーズ