売電

経産省、平成29年度の太陽光発電の買取価格を発表

経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づく、平成29年度(2017年)の
再生可能エネルギーの買取価格を決定した。

住宅用太陽光発電・産業用太陽光発電、それぞれの買取価格は以下のとおり。
 

住宅用太陽光発電の売電価格【10kw未満】
出力制御対応機器
設置義務の有無
調達価格調達期間
余剰買取
28円 /kWh
10年間
30円 /kWh
10年間
ダブル発電
25円 /kWh
10年間
27円 /kWh
10年間


産業用太陽光発電の売電価格【10kw以上】
調達価格調達期間
10kW以上2,000kW未満
21円+税 /kWh
20年間
2,000kW以上(入札制度適用区分)
入札価格により決定
20年間

 
住宅用では、昨年平成28年度と同様に「出力制御対応機器設置義務の有り」の場合に売電価格が2円高く設定されたほか、平成31年度迄の今後3年間の買取価格が、余剰電力買取の場合に毎年2円下がることも発表された。
 

タイナビ 住宅用太陽光発電 タイナビ 産業用太陽光発電