1. 太陽光発電 比較トップ
  2. 専門用語一覧
  3. 余剰電力買取制度

余剰電力買取制度

                                      


平成21年11月1日〜平成24年7月1日まで実施されていた制度です。
現在は、固定価格買取制度に移行されています。

この制度は、家庭や事業所などの太陽光発電からの余剰電力を一定の価格で買い取ることを
電気事業者に義務付けるものです。

エネルギー減の多様化を図るとともに、地球温暖化対策や景気対策としても有効な制度とされ、
実際に消費者が自分たちで電力をまかない、電力会社が余った電力を買い取ってくれることで
節約意識も高まり、消費者の太陽光発電システムの導入意欲に火がつくことになりました。







タイナビ 産業用太陽光発電
▲【産業用太陽光発電】 法人・産業用施設の一括見積もりNo.1サイト

タイナビ
▲一括見積もり人気No.1サイト 【タイナビ】

価格.com 太陽光発電
▲比較No.1サイト 太陽光発電関連の情報も充実 【価格.com】



 
 【太陽光発電メーカー】
  東芝  パナソニック  シャープ  ソーラーフロンティア  京セラ  三菱電機  長州産業  サンテック  トリナソーラー  カナディアンソーラー

 【無料見積もりサイト】
  タイナビ   グリーンエネルギーナビ   ソーラーパートナーズ