1. 太陽光発電 比較トップ
  2. 専門用語一覧
  3. n型半導体・p型半導体

n型半導体・p型半導体



半導体において、電荷を運搬する多数媒体が正の電荷のものが「p型半導体」、負の電荷のものが「n型半導体」です。
正(positive)、負(negative)の頭文字をとって、それぞれp型、n型と呼ばれます。

p型半導体とn型半導体を組み合わせることで、「+」「−」を両極に集めることができます。

太陽光パネルが発電する原理としては、

@太陽光が半導体にあたると「+」「−」が発生します
A「+」と「−」にわけるため、セルを「p型半導体」と「n型半導体」の2重構造にします
B「+」と「−」が両極にはっきりとわかれると、電池としての準備が整います
C「+」と「−」に電圧が生じ、電線をつなげば電気を取り出すことができます


となっています。
【関連記事 : 太陽光発電の仕組み






タイナビ 産業用太陽光発電
▲【産業用太陽光発電】法人・産業用施設の一括見積もりNo.1サイト

タイナビ
▲一括見積もりNo.1サイト【タイナビ】

ソーラーリフォーム
▲人気注目No.1のネット販売施工会社【ソーラーリフォーム】



 

 【太陽光発電メーカー】
  東芝  パナソニック  シャープ  ソーラーフロンティア  京セラ  三菱電機  長州産業  サンテック  トリナソーラー  カナディアンソーラー

 【無料見積もりサイト】
  ソーラーリフォーム  タイナビ  価格コム 太陽光発電