1. 太陽光発電 比較トップ
  2. 専門用語一覧
  3. PID現象

PID現象



太陽光パネルの内部回路(セル)と接地されたフレームとの間に高電圧がかかった場合に生じる出力低下現象。

PID現象が発生する最大の条件は、高電圧と高温多湿の組み合わせとされています。

電圧が高いほどほど発電や送電の際のロスが少なくなり、全体の発電効率向上につながるため、特にメガソーラー
では多くの太陽光パネルを直列につなげるが、高電圧を生み出す場合、マイナス極に負荷が強くかかります。

その条件に、太陽光パネルが濡れて高温になったりした場合に、本来電流が流れるべきではない表面ガラスを
通じてフレームからセルヘ漏れ電流が発生し、セルの損傷を引き起こし、その損傷度合いや期間によって
セルが致命的な損傷を受けた場合に、大幅な出力低下につながるとされています。

住宅用の規模では問題ないとされるが、メガソーラーではPID現象による太陽光発電システム全体の
出力低下率は10%〜30%に及ぶとの試算もあり、問題視されています。

発電効率とPID対策は二律背反の関係があり、両立させるのに高い技術力が求められます。

PID耐性を証明するものとして、IEC(国際電気標準会議)、フランホーファー研究機関、米国立再生可能エネルギー研究所などの第三者試験機関があり、それぞれに厳しい各種PID試験条件を課して検証しています。

第三者機関のPID認証を取得すれば、高品質・高信頼性の1つの証明となるため、
東芝、パナソニック、シャープ、京セラ、長州産業などの国内メーカーの他、
サンテック、カナディアンソーラー、Qセルズ、LG電子、インリーといった海外メーカーも認証を取得しています。






タイナビ 産業用太陽光発電
▲【産業用太陽光発電】法人・産業用施設の一括見積もりNo.1サイト

タイナビ
▲一括見積もり人気No.1サイト 【タイナビ】

グリーンエネルギーナビ 太陽光発電
▲施工業者数NO.1サイト 充実の仲介サポート【グリーンエネルギーナビ】

ソーラーパートナーズ 太陽光発電
▲注目度NO.1サイト 厳選施工店を紹介【ソーラーパートナーズ】



 
 【太陽光発電メーカー】
  東芝  パナソニック  シャープ  ソーラーフロンティア  京セラ  三菱電機  長州産業  サンテック  トリナソーラー  カナディアンソーラー

 【無料見積もりサイト】
  タイナビ   グリーンエネルギーナビ   ソーラーパートナーズ