研究開発・新技術

テュフ ラインランド ジャパン、太陽光モジュール10年経年劣化を1ヶ月の試験で評価する「高加速温度サイクル試験サービス」を開始

テュフ ラインランド ジャパンは、実環境使用約10年に相当する太陽電池モジュールの長期信頼性を約1ヵ月の試験で評価する「高加速温度サイクル試験サービス」を9月9日に開始した。 国際規格(IEC 61215等)の試験条件を …続きを読む→

海外メーカー 研究開発・新技術

トリナソーラー、多結晶太陽光モジュールの研究開発レベルで世界新記録の最高出力324Wを達成

トリナソーラー

トリナ・ソーラーは、中国太陽光発電技術国家重点研究室において、honey Plus多結晶シリコン太陽電池モジュールが世界新記録の最出力324.5Wを達成し、ドイツの第三者検査機関であるテュフ ラインランドにより認証された …続きを読む→

海外メーカー 研究開発・新技術

トリナ・ソーラー、高効率単結晶ハニーモジュールがピークパワー出力335.2Wの世界記録更新

トリナソーラー

トリナソーラーは、同社の単結晶ハニーモジュールが、P型単結晶シリコン太陽電池モジュールのピークパワー出力で世界新記録を樹立し、独立検査機関であるテュフラインランドの認定を受けたと発表した。 対象モジュールは、当社の太陽光 …続きを読む→

研究開発・新技術

経済産業省、2015年度概算要求で次世代太陽光発電技術開発に新規51億円を計上

経済産業省

経済産業省は、次世代太陽光発電のトータルコスト低減技術の開発に着手するため、2015年度予算概算要求で新規に51億円を計上する。 再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)によって、太陽光発電の国内導入が大幅に進 …続きを読む→

東芝 研究開発・新技術

東芝、有機薄膜太陽電池で世界最高エネルギー変換効率9.9%を達成

東芝の次世代有機薄膜太陽電池モジュール

東芝は、有機薄膜太陽電池のエネルギー変換効率において、1cm角の単層セルで世界最高記録の11.2%を、5cm角のモジュールで世界最高レベルの9.9%を達成したと発表した。 近年、太陽光発電システムの導入量の増加に伴い、太 …続きを読む→

パナソニック 研究開発・新技術

パナソニック、HIT太陽光パネルで世界最高変換効率25.6%を研究レベルで達成

パナソニックHIT

パナソニックエコソリューションズ社は、過去のシリコン系太陽電池セルの世界最高を大幅に上まわる変換効率25.6%(セル面積:143.7cm2)を達成したと発表した。 実用サイズ(100cm2以上)のシリコン系太陽電池の変換 …続きを読む→

ソーラーフロンティア 研究開発・新技術

ソーラーフロンティア、CIS太陽光パネルで変換効率20.9%を達成

ソーラーフロンティア

ソーラーフロンティアは4月2日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同研究の成果として、CIS系薄膜太陽電池のセルで、薄膜系太陽電池としては世界記録となるエネルギー変換効率20.9%を達成したと発表した。 …続きを読む→